かからいす

スポンサーリンク
本について

高橋源一郎「さようなら、ギャングたち」第一部について考える。

「さようなら、ギャングたち」第一部の「舞台設定」「悲しみ」その双方の描き方に着目する。
本について

高橋源一郎「さようなら、ギャングたち」について私的に考察する。

「さようなら、ギャングたち」の全体の考察、そして高橋源一郎氏の言葉についても触れてみました。私的な考察ですので、その点はご理解いただけると幸いです。
村上春樹

「風の歌を聴け」そして「さようなら、ギャングたち」を読み、それぞれの著者と学生運動について考える。

二人の「学生運動」への立場の違いと、彼らが生み出した作品を照らし合わせて考えました。そしてそれを観念的に文章に起こしています。その上私的解釈となりますので、その点はご理解いただけると幸いです。
おすすめグッズ

スターバックス「アメリカンアップルパイ」の感想を綴る。最高に上品なアップルパイでした。

スターバックス「アメリカンアップルパイ」は本当に素敵な代物でした。
おすすめグッズ

スターバックス「ジンジャーブレッドラテ」を飲んでみた。豆乳は合うのか合わないのかについても言及。

スターバックスのホリデー限定商品「ジンジャーブレッドラテ」を飲んでみました。程よい甘さ、スパイスの遊び心が効いた素敵なラテです。
雑記

私と周囲が乖離していく。

自分の文脈で生きるということは、必ずしも苦痛を伴う。しかし、自己防衛あるいは自己肯定感の維持のためにその営みを続けなくてはならない。
雑記

大学生という身分について。とてつもない無力感を語る。

大学生でいることに疲れました。贅沢な悩みではありません。状況に応じていろんな苦労があるのだから。
おすすめグッズ

セブンイレブンのマリトッツォパンプキン食べてみた。

マリトッツォだけは絶対に食べない!と思っていた私ですがパンプキンという言葉に釣られて食べてしまいました。その上美味しすぎてこのブログで紹介する始末です。あなたもぜひ食べてみてください。
雑記

純文学を尊ぶ私がライトノベルについて思うこと。

純文学に魅力を見出し、文章そのものの可能性を信じる私にとっては耐え難い概念も、それはもちろん存在している……。
雑記

書けて書けて書ける。

リアリズムを意識し、プロットを廃してみたところ、何だか凄まじく活字へのエネルギーが溢れてくる。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました