村上春樹

村上春樹の小説の感想や解釈を書いた記事をまとめています。なるべく的確であると思われる言葉で書いてみました。読んだことのある本の記事があれば、試しに覗いてみてください。

スポンサーリンク
映画

映画「ドライブ・マイ・カー」を観て思うこと。ラストシーンや妻のこと、無音のシーンについての考察もしてみる。

村上春樹氏の短編「ドライブ・マイ・カー」の映画についてさまざまに考察して、感想を述べてみました。まず言えることは、この映画全体が素晴らしい芸術であるということです。
村上春樹

村上春樹氏「スパゲティーの年に」は芸術的文章。

村上春樹氏の短編の中で最も好きなこの作品「スパゲティーの年に」。これを解釈してみました。
村上春樹

「図書館奇譚」を読んで。

本自体の感想とは異なるかも知れませんが、本を読んだことによる自己啓発の備忘録として、ここに私の思うことを書かせていただきました。
村上春樹

村上春樹氏「4月のある晴れた朝に100パーセントの女の子に出会うことについて」と出会った高校時代。小説に感じた巨大な可能性。

村上春樹氏の短編集「カンガルー日和」の中にある「4月のある晴れた朝に100パーセントの女の子に出会うことについて」に出会い、私の人生は少しだけ変化したように思います。そのことについて、書いてみました。
村上春樹

「ダンス・ダンス・ダンス」Tシャツを見て気がついた表紙の意味。

村上春樹氏の「ダンス・ダンス・ダンス」Tシャツを見ていてTシャツの構造と表紙の絵がどのようなことを示しているのか何となく理解できた気がするので、ここに示しておきます。しかしこれは私の指摘解釈なので、その点だけは魚理解ください。
村上春樹

ダンス・ダンス・ダンスの感想。 ユミヨシさん、朝だ。

村上春樹氏、「ダンス・ダンス・ダンス」を読了し、今までの三部作に対して抱いた考察や感想と照らし合わせながら感想を書いてみました。
村上春樹

村上春樹「風の歌を聴け」Tシャツ(非売品)が当選した時に思ったこと

村上RADIOの非売品Tシャツが当たったことで、私の目的意識はまるで変わりました。そのことについて、ここでは書いてみます。
村上春樹

村上春樹Tシャツを着た人を駅の雑踏のなかで見つけて思うこと

友人との待ち合わせ中。見かけた「ダンス・ダンス・ダンス」のTシャツをきた人物。目で追ってしまう。時間が一瞬スローになる。そんな不思議な感覚を書いてみました。
村上春樹

羊をめぐる冒険1「水曜日の午後のピクニック」「十六歩歩くことについて」感想解釈〜鼠三部作感想シリーズ第4弾〜

この記事では村上春樹氏による鼠三部作の最後となる「羊をめぐる冒険」の感想そして解釈のシリーズの一つです。ここではまず上巻の初めの二つの章「水曜日の午後のピクニック」「十六歩歩くことについて」の意義、そしてその解釈や導き出せる見解を感想とともに述べてみました。
村上春樹

1973年のピンボールは鼠のための小説なのか。

「1973年のピンボール」について鼠の視点から考察し、感想を述べています。考察をしているうちにこの小説の中心概念はピンボールでも配電盤でもなく鼠なのではないかと感じました。それゆえこのようなタイトルにしたのです。私的解釈ですのでその点はご理解ください。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました