村上春樹

村上春樹の小説の感想や解釈を書いた記事をまとめています。なるべく的確であると思われる言葉で書いてみました。読んだことのある本の記事があれば、試しに覗いてみてください。

スポンサーリンク
村上春樹

村上春樹Tシャツを着た人を駅の雑踏のなかで見つけて思うこと

友人との待ち合わせ中。見かけた「ダンス・ダンス・ダンス」のTシャツをきた人物。目で追ってしまう。時間が一瞬スローになる。そんな不思議な感覚を書いてみました。
村上春樹

羊をめぐる冒険1「水曜日の午後のピクニック」「十六歩歩くことについて」感想解釈〜鼠三部作感想シリーズ第4弾〜

この記事では村上春樹氏による鼠三部作の最後となる「羊をめぐる冒険」の感想そして解釈のシリーズの一つです。ここではまず上巻の初めの二つの章「水曜日の午後のピクニック」「十六歩歩くことについて」の意義、そしてその解釈や導き出せる見解を感想とともに述べてみました。
村上春樹

1973年のピンボールは鼠のための小説なのか。

「1973年のピンボール」について鼠の視点から考察し、感想を述べています。考察をしているうちにこの小説の中心概念はピンボールでも配電盤でもなく鼠なのではないかと感じました。それゆえこのようなタイトルにしたのです。私的解釈ですのでその点はご理解ください。
村上春樹

村上春樹「1973年のピンボール」感想解釈~鼠三部作感想シリーズ3~

ここでは「1973年のピンボール」について考察し、感想を述べています。私的解釈ですのでご理解ください!
村上春樹

「嘘だと言ってくれないか?」の謎に迫る。村上春樹鼠三部作のうち「風の歌を聴け」No.2

この記事では前回に引き続き「風の歌を聴け」の詳しい感想解釈を述べています。「嘘だと言ってくれないか?」という言葉の真意や、私自身の好きなシーンに着目したりなど、私なりの「風の歌を聴け」解釈を展開しております。
村上春樹

村上春樹「風の歌を聴け」感想解釈〜鼠三部作シリーズ第二弾〜

村上春樹氏の「風の歌を聴け」「1973年のピンボール」「羊をめぐる冒険」から成る「鼠三部作」(「青春三部作」とも呼ばれる)を読んで、私的解釈と感想を書くシリーズの第二弾です。ここでは「風の歌を聴け」の詳しい感想解釈を述べています。
村上春樹

村上春樹「鼠三部作」の私的考察と感想

村上春樹氏の「風の歌を聴け」「1973年のピンボール」「羊をめぐる冒険」から成る「鼠三部作」(「青春三部作」とも呼ばれる)を読んで、私的解釈と感想を書いてみました。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました