本について

私が読んだ本の感想や解釈を思いのままに書き、それをここに集めます。あくまで一個人としての見解ですが、楽しんでいただけたら幸いに思います。

 

 

スポンサーリンク
本について

高橋源一郎「さようなら、ギャングたち」第三部について考える。 でぶのギャングの言葉やヘンリー四世の死についても言及する。

「さようなら、ギャングたち」のとりわけ第三部について考察した記事です。
本について

高橋源一郎「さようなら、ギャングたち」第二部について考える。木星人やわけのわからないものに関しても言及する。

「さようなら、ギャングたち」の私的感想解釈シリーズの三つ目ということで「第二部」を扱いました。
本について

高橋源一郎「さようなら、ギャングたち」第一部について考える。

「さようなら、ギャングたち」第一部の「舞台設定」「悲しみ」その双方の描き方に着目する。
本について

高橋源一郎「さようなら、ギャングたち」について私的に考察する。

「さようなら、ギャングたち」の全体の考察、そして高橋源一郎氏の言葉についても触れてみました。私的な考察ですので、その点はご理解いただけると幸いです。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました